Home 未分類 • 健康を考えたキャットフード

健康を考えたキャットフード

 - 

猫の健康の基本はキャットフードにあると断言できます。猫の必要な栄養分をバランス良く配合されているキャットフードを日頃の主食にしていれば大抵の病気は予防できるはずなのです。ですからまずキャットフードを選ぶ際には猫に多いとされる糖尿病や胃腸疾患、アトピー性皮膚炎などの病気の原因になる穀物が一切含まれていないキャットフードを選んで与えるようにすることが最も重要です。

理想的なキャットフードの材料とは、鶏肉や牛肉、豚肉、羊肉などの良質な動物タンパク質を60パーセント前後使用した上で、卵や尿路感染予防にも効果のあるクランベリーなどの食材などが挙げられます。間違ってもコーンや大豆、米、麦などを主原料にしているキャットフードを与えないように気をつけましょう。

参考サイト – 猫の健康を考えたエサ「カナガン」通販サイト

また欲を言えば、キャットフードはドライフードよりもいわゆる缶詰フードのようなウエットフードをメインに食べさせてあげると水分をしっかりと摂取することができるので猫に多い腎臓や尿路疾患予防に大いに役立ちます。また穀物不使用のウエットフードを日頃から食べさせているとカロリーがドライフードよりも低めであるというメリットがあるので猫の肥満防止にも大きな効果があるのです。肥満は万病の元ですから、これをしっかり予防すれば健康で長生きできるはずなのです。

Author:管理人