Home 未分類 • キャットフードで変わる健康

キャットフードで変わる健康

 - 

猫の健康を守るためには日頃からキャットフードの選び方には注意を払わなければいけません。安易にスーパーなどで安売りのキャットフードを与え続けていると思わぬ健康被害が出てしまう可能性が高まるのです。安いキャットフードに使用されている原材料は当然原価が安いものなのです。

例えばコーングルテンやコーンミール、大豆ミール、麦などの穀物などがそうです。野生の猫かの動物は本来肉食動物であり、その遺伝子を受け継いでいる家猫も肉食動物なのです。ですから穀物がたっぷり使われている安いキャットフードを日常的に主食とすると消化不良を起こしてして慢性下痢などの病気の原因となったり、またはアレルギー性皮膚炎の原因となったり、または肥満を引き起こしたりとさまざまな病気を引き起こしてしまうことになるのです。最近は獣医学も日進月歩なので猫たちの寿命も以前と比べると飛躍的に伸びてきています。やはりいかに病気に刺せずに健康を維持するかということがそのキーポイントになるのは間違いないでしょう。

そのためにもキャットフード選びは常に猫の身体に負担のかからない消化の良い動物タンパク質を主原料にしたフードを選ぶように日頃から気をつけてあげるようにしましょう。特に初めて猫を飼うことになった場合には、猫に必要な栄養素やフードについての文献などを一通りチェックしたほうが良いです。キャットフードによって猫の健康は大きく左右されるのだということを飼い主の皆さんがきちんと認識していれば自ずとフード選びに力が入るはずです。

Author:管理人